著作権法

著作権法条文

第一章 総則

第一節 通則

第1条 目的

第2条 定義

第2条定義 一 著作物

第2条定義 二 著作者

第2条定義三 実演

第2条定義四 実演家

第2条定義五 レコード

第2条定義六 レコード製作者

第2条定義七 商業用レコード

第2条定義七の二 公衆送信

第2条定義八 放送

第2条定義九 放送事業者

第2条定義九の二 有線放送

第2条定義九の三 有線放送事業者

第2条定義九の四 自動公衆送信

第2条定義九の五 送信可能化

第2条定義九の六 特定入力型自動公衆送信

第2条定義九の七 放送同時配信等

第2条定義九の八 放送同時配信等事業者

第2条定義十 映画製作者

第2条定義十の二 プログラム

第2条定義十の三 データベース

第2条定義十一 二次的著作物

第2条定義十二 共同著作物

第2条定義十三 録音

第2条定義十四 録画

第2条定義十五 複製

第2条定義十六 上演

第2条定義十七 上映

第2条定義十八 口述

第2条定義十九 頒布

第2条定義二十 技術的保護手段

第2条定義二項 美術の著作物

第2条定義三項 映画の著作物

第2条定義四項 写真の著作物

第2条定義五項 公衆

 第二節 適用範囲

第二章 著作者の権利

 第一節 著作物

第12条の2 データベースの著作物

 第二節 著作者

 第三節 権利の内容

  第一款 総則

  第二款 著作者人格権

第20条 同一性保持権

  第三款 著作権に含まれる権利の種類

第21条 複製権

  第四款 映画の著作物の著作権の帰属

  第五款 著作権の制限

第30条 私的使用のための複製

第32条 引用

 第四節 保護期間

 第五節 著作者人格権の一身専属性等

 第六節 著作権の譲渡及び消滅

 第七節 権利の行使

 第八節 裁定による著作物の利用

 第九節 補償金等

 第十節 登録

第三章 出版権

第四章 著作隣接権

 第一節 総則

 第二節 実演家の権利

 第三節 レコード製作者の権利

 第四節 放送事業者の権利

 第五節 有線放送事業者の権利

 第六節 保護期間

 第七節 実演家人格権の一身専属性等

 第八節 権利の制限、譲渡及び行使等並びに登録

第五章 著作権等の制限による利用に係る補償金

 第一節 私的録音録画補償金

 第二節 図書館等公衆送信補償金

 第三節 授業目的公衆送信補償金

第六章 紛争処理

第七章 権利侵害

第八章 罰則

著作権団体

国際条約

外国著作権法

コラム

コラム①:著作権法30条の4と機械学習~なぜAI開発は非享受利用か~

コラム②:人工知能開発のための著作物利用はキャッシュと同格である~権利制限の活用例(第1層から第2層まで)

その他

文化庁パブコメに向けた「AI と著作権に関する考え方について(素案)」の論点整理

文化庁パブコメに向けた「AI と著作権に関する考え方について(素案)」の論点整理~【著作権者の利益を不当に害することとなる場合について】

タイトルとURLをコピーしました